el2.bmp el1.bmp

エルグランドe50

エルグランド初代 (E50型 1997-2002年)

250px-Elgrand.jpg

1997年5月 キャラバンとホーミーのミニバンタイプとして登場。
グレードは最上級から7人乗り「X」、8人乗り「V」、最廉価「J」という構成。
「X」のシートには本革・サプラーレコンビシートがオプション設定。
「J」を除いた全グレードに
ツインモニターTV・ナビゲーションシステムがオプション設定。
エルグランドのエンブレムは、「キャラバン・エルグランド」が赤で「ホーミー・エルグランド」が青。

1997年7月 いすゞへのOEM供給開始(ファーゴ・フィリーとして販売、のちにフィリーに車名変更、2002年4月で終了)。

1998年1月 ラルゴやセレナで人気を博したスポーティーグレード
ハイウェイスター」設定。
⇒ちなみに筆者の愛車はセレナハイウェイスターです。

同時にオーテックジャパンより当時の日産の社長車として
話題となった「ロイヤルライン」がエルグランドをベースとして発売。
(4人乗り 新車価格695万円)

1998年10月 「X」「V」「ハイウェイスター」の3グレードに
「ラウンジ・パッケージ」を設定。
「ラウンジ・パッケージ」はフロント回転対座シート
リッド付のカップホルダーを備えたセカンドシートバックテーブル
セカンド回転横向きシート
電動ピュアクリーンカーテンなどを装備した優雅に移動できるモデル。

同時にオーテックジャパンからはアメリカンテイスト溢れる
ドレスアップ車「ライダー」が発売。

1998年11月 1997年4月の生産開始から約19か月で
      国内生産累計が10万台を突破。
1999年8月 マイナーチェンジに合わせ
車名を「エルグランド」に統一。

エルグランドのエンブレムが赤と青から白に変更。

2001年8月 国内登録累計20万台達成記念特別仕様車を設定。
⇒このモデルは当時経営不振に陥っていた日産を救った
 会心のヒット作。
 理由としてはシボレー・アストロ似の押し出しの強い
 ダイナミックで堂々としたフォルム
 大人がゆったりと乗ることができる
 当時の国産ミニバンでは最大級の広い室内空間と
 セカンドシート&サードシートのロングスライド等の
 高い室内ユーティリティや豪華な装備群。
 あわせて、「走り」を得意とする日産らしく
 走行性能やハンドリングは同クラスの車種の中では
 パワフルかつよりセダンに近いものであったことが
 ヒットの要因といえる。

250px-Nissan-elgrand_e50-rear.jpg

さすがのトヨタも太刀打ちできず
逆に同クラスのミニバンであったグランビアを
マイナーチェンジでエルグランドを意識した顔立ちにしたほど。

現在は中古車市場で高い人気を維持しており
ドレスアップ車の素材としても人気がある。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 02:31


Excerpt: ・エルグランドe50・今日は暇なので(オイ!) 仮街の写真館写(車)真館やります D1000052.jpg ... エルグランドe50(エルグランド(e5..
Weblog: いすゞの日
Tracked: 2007-08-11 16:26
el3.bmp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。